《風俗ガイド》風俗の女の子を恋人だと思っちゃおう


《風俗ガイド》風俗の女の子を恋人だと思っちゃおうブログ:12月02日


おいらの父親は典型的な早寝早起きの人。
真夜中の9時には床に就き、午前中は4時前に起床する。

起きてからは熱い珈琲を入れ、
午前中食までの時間をゆっくり勉強する父親を尊敬こそすれ、
到底真似できないと思っていた。

しかし、
大学受験を控えながら、
全く成果のあがっていなかった秋に、
一か八かおいらも午前中型人間となることを決意した。

父親にそのことを告げると嬉しそうに
「起きているかどうかチェックしてやるよ」と言った。

父親はその言葉通り、毎午前中5時にきっかり顔を出した。
そして、たっぷりと珈琲をポットに作り差し入れてくれた。
その心遣いが嬉しく、一層勉強に励もうと思ったのは言うまでもない。

しかし、
それまで真夜中型だったおいらの体内時計が
そう一息に切り換わるはずもなく、
始めて2週間を過ぎた頃から…

起きることはできるのだが、6時過ぎにどうも眠くなる。
無理に起きて珈琲を飲んでも、落ちてくる瞼に適うはずもなく、
結局本の上に突っ伏して寝てしまう日々が続いた。

13時間の勉強にも支障が出てきたが、もう少し頑張ればと、
ずるずる同じパターンを繰り返していた。

ある午前中、
いつもはポットを渡すとすぐ行ってしまう父親が、
「ちょっと雨戸を開けてみないか」と言った。

寒いのに…と思いつつ、おいらは雨戸をそっと開けた。

東に面したおいらの部屋の外には、
真夜中の空から明け方の朝焼けにつながる
美しいグラデーションが広がっていた。
今まで見たこともない美しい光景だった。

「綺麗だろ。おいらはこの午前中の風景にひかれて、
早起きするようになったんだ」
そして、
「けれど、お前にこのスタイルが合っているとは限らない。
いずれにしろきちんと充分な睡眠を取らないと、
勉強どころかからだが駄目になってしまうよ」
と、父親は言った。