《風俗ガイド》風俗の女の子を恋人だと思っちゃおう


《風俗ガイド》風俗の女の子を恋人だと思っちゃおうブログ:01月30日


おいらは老舗の料理屋の三代目として生まれた。

お父さんも母も仕事に忙しく、
公私をきちっと分けるために、
子どもはお手伝いさんに任せて一切口出ししなかった。

普段は生活も別で、
お手伝いのおばちゃんと妹と3人でごはんを食べていたから、
ごく普通のご飯だったと思う。

だから、母の手作り料理は皆無に近い。
強いて母の味といえば、日曜日の「スパゲッティ」。
ケチャップで炒めて、赤いウィンナーの入ったいわゆるナポリタン。

あとは、遠足の日の「炒り卵のり巻き」。
卵に砂糖と塩を入れてサササッと炒り卵を作り、
それをごはんにスパーッとかけてのりでスススッと巻けば出来上がり。
だから、弁当を開けると炒り卵のり巻きだけ…

でも、
特別な日に作ってくれたということはよく覚えている。
忙しい母にとって、それが子どもへの精一杯だったのだ。

よくおやつにチキンラーメンを食べた。
お湯をかけて、フタを開けたらできているので最初はびっくり!

小学生の時おいしくておいしくて、
毎日食べて肥満体気味になったこともある。

近くの駄菓子屋でも、よくお菓子を買い食いしたものだ。

夕になると、
チリンチリン…という鐘を鳴らしながら
やってくるおでんの屋台で、
妹と二人、串を買って立ち食いしたのを思い出す。

よその母たちが
鍋やボウルを抱えて買いに来ている横で
子どもが買い食いしているのは、ちょっと悲しくなつかしい記憶。

だめだよっと言われても食べていたのは、
やっぱり父母の目がなかったから…

料理屋って
父母と一緒にいられないんだなぁ…と
しみじみ寂しく感じることもあった。